イカゲームの5話のネタバレ/感想/考察|警察官ジュノの兄の行方を考察する。5話の感想とまとめ。

深夜の乱闘騒ぎから第3ゲームの【綱引き】が始まった。

マスクマンと内通してるミョンギを仲間に入れたドクスは戦いを有利に進めるため

あっさりとミニョを切り捨てる。

ギフンチームは老人のイルナムとどさくさ紛れに混じってきたミニョをはじめ女性が3名

圧倒的不利な状況で対戦相手のALL男性チームと絶体絶命の中どう戦うのか?

気になるイカゲームの5話が始まる。

イカゲームの5話のネタバレ/感想/考察|警察官ジュノの兄の行方を考察する。イカゲーム5話の感想とまとめ

イカゲームの5話のあらすじとネタバレ

【綱引き】の決着

不利な状況での【綱引き】。

イルナムの作戦により序盤は相手を焦られせる事に成功。

しかし、じわりじわりと引っ張られていく。

イカゲームの5話のネタバレ/感想/考察|警察官ジュノの兄の行方を考察する。イカゲーム5話の感想とまとめ

サンウの一か八かの作戦を決行する。

合図で3歩前に出た。

手を離したゴムのように対戦相手に大きな力が加わり、全員が転んでしまった。

 

ギフンは間一髪、片足が宙ぶらりん状態に。

しかし、皆の最後の力を振り絞りじわりじわりと引き戻していく。

相手は慌てて立ち上がるが、時既に遅し。。。

一人、また一人と奈落の底へと落ちていく。

 

イルナムの知恵とサンウの頭脳により見事勝利を収めた。

 

ゲームが終わり下りのエレベーターの中。

244番の牧師が懺悔のごとく祈り始める。

その様子を見たジヨンは茶化しだす。

セビョクは2人とも黙るようにと静かに吐いた。

イカゲームの5話のネタバレ/感想/考察|警察官ジュノの兄の行方を考察する。イカゲーム5話の感想とまとめ

疲労困憊の中部屋へと戻る面々。

既に勝利を収めたくつろいでいたドクスチームの面々は言葉を失う。

死体を隠す

ゲームが終わり会場の後始末を行うマスクマン。

死体は火葬場に次々に運ばれていく。

十字架の印の棺桶も炉の中にいれらた。

イカゲームの5話のネタバレ/感想/考察|警察官ジュノの兄の行方を考察する。イカゲーム5話の感想とまとめ

この棺桶の中には、まだ完全に死んでいないプレーヤーが入ってるというだった。

 

炉に入れたマスクマンは監視カメラに目くばせをするかのように振り返る。

コントロールセンターに居たマスクマンが、周囲に悟られないようにボタンを押す。

すると炉の底が開き、吸い込まれるように消えていった。

 

何も入ってない炉のスイッチを入れると、炎が燃え滾っていた。

地下室では降りてきた棺桶の確認をするマスクマンがいた。

プレーヤーは既に死んでしまっていた。

【平等】

部屋では疲労の中プレーヤー達が食事を取っていた。

何故かミニョは大はしゃぎで、先程のゲームを振り返る。

誰も聞いてない中、アリだけが時折突っ込みを入れるが返されてしまう。

イカゲームの5話のネタバレ/感想/考察|警察官ジュノの兄の行方を考察する。イカゲーム5話の感想とまとめ

ミニョサンウに対して、このチームのリーダーは誰かと問う。

サンウは応えた

 

『そんなもの居ない。皆、平等だ』

 

ミニョはドクスチームを睨みつけながら毒づいた。

そこで、ギフンが何故追い出されたのかと問うと、自ら出てったと嘯く。

サンウはある疑問を投げかけた。

 

それは、ミニョを何故必要としなくなったのか?

チームはまるで予めゲームを知ってたかのように、力の強い男だけだからだ。

ドクスはこちらを、獲物を狙うかのように睨みつけてた。

 

消灯時間が近づく。

夜中にまた争い事が起こるかもしれないと不安になる面々。

ギフンの提案でバリケードを作り始めた。

 

消灯まであと10分をきった。

ドクスチーム以外は戦闘に向けての防御を固めていた。

ドクスギフンを挑発にやってきた。

 

ギフンは力強い眼差しでドクスに目を逸らすことなくこう言った。

イカゲームの5話のネタバレ/感想/考察|警察官ジュノの兄の行方を考察する。イカゲーム5話の感想とまとめ

 

『俺だったら、争いが起きたら真っ先にアンタを殺す。

 アンタが一番強いから・・・。

 

その言葉にドクスは動揺する。

身の危険を感じたドクスは手下たちに今日は休むと指示をする。

そして、ミョンギが居ないことに気づき怪訝な表情を見せていた。

 

ドクスチームは交代で見張りをすることにした。

ただ、一人では不安な事もあり2人1組で行うことになった。

まずは、サンウアリ。次はギフンイルナムとなった。

 

消灯時間となり、サンウアリが見張りをする中、アリは取っておいた食料をサンウに渡す。

アリはサンウの事を慕っていた。

お互いの素性と何故このゲームに参加をしたのか?を打ち明けあった。

臓器売買

2人のマスク男が地下へと進んでいた。

一人は29番になりすましたジュノだった。

手術台(?)の上ではミョンギが臓器を取り出していた。

イカゲームの5話のネタバレ/感想/考察|警察官ジュノの兄の行方を考察する。イカゲーム5話の感想とまとめ

どうやら今日は進みが遅いらしい。

ミョンギは疲労も溜まり、苛立ちも隠せなかった。

マスクマンたちと結託し臓器売買の為の手術を行っていた。

その見返りにゲーム内容を教えてもらっていたのだ。

 

マスクマンの一人がビョンギの非難を始める。

どうやらビョンギは医療事故を起こして患者を死なせていたのだった。

言い争いになるのを28番が諭した。

ギフンの過去

一方、見張りを変わったギフンイルナム

ギフンは自動車会社での労働闘争の時に仲間を目の前で失ったことを思い出していた。

その様子をイルナムが案じて、優しく問いかける。

 

すると、ギフンイルナムの様子がおかしいことに気づく。

体を触ると、すごい熱だ。

ベットに寝かせて体を冷やすための水を探すが、既に飲み干していた。

 

ペットボトルの水を差しだしたのはスギョンだった。

イカゲームの5話のネタバレ/感想/考察|警察官ジュノの兄の行方を考察する。イカゲーム5話の感想とまとめ

そして、ギフンと見張りをすることになった。

ギフンがお礼を言うと、あくまでも貸しただけだというスギョン

崩れる【平等

手術室ではマスク男たちが過去の臓器売買の話をしていた。

そこで腎臓が一つしかなかった死体をゾンビとなぞらえて話していた。

その言葉に、マスクの奥のジュノの目がカッと開いた。

イカゲームの5話のネタバレ/感想/考察|警察官ジュノの兄の行方を考察する。イカゲーム5話の感想とまとめ

ビョンギは明らかに苛立っていた。

そんな空気の中、ジュノがふと問いかける。

 

『そのゾンビどうなった?』

 

不穏な空気が立ち込める。

他のマスク男たちに詰められるジュノ

ポケットの中の銃を手にし応戦の構えをしようとしたところでビョンギが叫ぶ。

 

『ここは俺のオペ室だぞ!!』

 

事なきを得ることとなった。

作業が終わり、28番とジュノは臓器背負い売人の元へ向かった。

ビョンギはマスク男に次の競技が何かを問う。

 

まだ分かってないと告げると、逆上したビョンギはメスを手に一人を人質に。

小競り合いになり倒れ込むと、メスでメッタ刺しに。

もう一人のマスク男がバールで応戦するも隙を見て逃げ出した。

 

追い詰められたビョンギが逃げ込んだ先は、【型抜き】会場だった公園だった。

追ってきたマスク男は自らマスクを取り素顔をさらした。

そして、ビョンギを説得を始めゆっくりと背後に回り込んだ。

 

男はナイフを手に取り、背後からビョンギに向けて振り下ろそうとしたその瞬間。

【パンっ】と銃声がした。

銃を放ったのはフロントマンであった。

 

撃たれた男にフロントマンはこう言い放った。

 

『お前たちは一番重要な事を台無しにした。

 平等だ!ゲーム中は全員平等だ!!』

 

そう言うともう一度男に銃を向けそのまま公園を後にした。

残されたビョンギも銃弾に倒れるのであった。

突き止めるジュノ

28番とジュノは更に地下の船着き場へと到着した。

不審に思った28番はジュノにナイフを向ける。

マスクを取るように促すと、ジュノは逆に銃を向ける。

イカゲームの5話のネタバレ/感想/考察|警察官ジュノの兄の行方を考察する。イカゲーム5話の感想とまとめ

今度はジュノが28番に尋問を始める。

一つしか腎臓の無かった遺体の事。

それから、プレーヤーのリストがボスの部屋にあることを突き止める。

 

ジュノは28番の額を撃ち抜き、奥のボスの部屋へと向かった。

28番はそのまま海へと浮かんでいた。

 

フロントマンは現場を検証始める。

すると、29番の行方が分からなくなっていることに気づく。

まだ何処かに潜んでいると察し、部下に徹底的に探すように指示する。

 

ジュノは部屋の奥にある資料室を突き止めた。

膨大なリストを探してるうちに兄の名前を見つけた。

イカゲームの5話のネタバレ/感想/考察|警察官ジュノの兄の行方を考察する。イカゲーム5話の感想とまとめ

それは2015年の優勝者リストだった。

 

6話につづく

イカゲームの5話 警察官ジュノの兄の行方を考察する。

ジュノが兄(イノ)の行方を突き止める

イカゲーム5話のラストでとうとうジュノが兄の行方にたどり着きました。

兄のファン・イノ2015年にゲームに参加し、しかも優勝していたのです。

イカゲームの5話のネタバレ/感想/考察|警察官ジュノの兄の行方を考察する。イカゲーム5話の感想とまとめ

このゲームに巻き込まれていたのは間違いないようです。

 

しかし、優勝したのであれば生きてるはず。

賞金も手にしているはずです。

2015年に参加しているのであれば、もう5年も行方不明となる。

※今回のゲームは2020年開催

謎は深まるばかりですね。

兄(イノ)は何故ゲームに参加した?考察してみる。

イカゲームの5話迄での情報を整理してみる。

1)2話でジュノが兄を訪ねております。

そこは受験生寮で外見からして苦学生だったということが推測される。

イカゲームの5話のネタバレ/感想/考察|警察官ジュノの兄の行方を考察する。5話の感想とまとめ

2)ジュノはイノから腎臓を移植しております。

移植手術は数百万円~その後の治療費等も考えると相当額かかります。

韓国の健康保険制度も日本と似たようなものだとしても、苦学生が捻出できるとは

考えにくいです。

 

以上より、ゲームに参加した理由はジュノの手術代や治療費を借金して捻出したため?と考えられます。

今後の展開を注意深く見ていきましょう。

イカゲームの5話の感想とまとめ

綱引き】では力でなく頭脳戦で辛くも勝利したギフンチームでした。

ミニョがリーダーが誰かを問いますが、サンウは「みな平等だ」と応えますね。

 

ドクスチームも獲物を狙う猛獣のごとく夜に備えますが、ギフンの一言によって疑心暗鬼になってますね。

実はドクスは小心者でそれを悟られないために、腕っぷしの強さでなんとか抑え込んでるというところでしょうか?

2話で弟分にハメられてるのもそういった伏線がありましたね。

 

ビョンギは生き残るためにマスク男たちと結託して、臓器売買に手を染めてましたが

最終的に仲間割れになります。

フロントマンの最後の言葉にもあるように、「ゲーム中は平等だ」と。

つまり、プレーヤーも主催者側も全員が平等という事を示唆してますね。

 

ビョンギとマスク男たちがもめたのは、平等という関係性に亀裂が入ったからですね。

会話の節々にビョンギを揶揄してます。

やはりマスク男達も何やら訳がありそうですね。

 

ジュノは兄の行方に辿り着いたのですが、ゲームに参加していたことが明らかになりました。しかも優勝している。

ますます謎が深まっていきます。

イカゲームの5話のネタバレ/感想/考察|警察官ジュノの兄の行方を考察する。5話の感想とまとめ

プレーヤーも456名から39名に減っていきました。

ゲームはあと3ゲーム。

一体、誰が生き残るのか?

どんなゲームが繰り広げられるのか??

 

イカゲームの6話も目が離せません。

 

おすすめの記事