OH MY GIRL(オーマイガール)dolphinの作曲は誰?ダンスは難しい?

K-POP界にも大勢のファンを持つOH MY GIRL(オーマイガール)

 

彼女たちは2015年に、WMエンターテインメントからボーイズグループB1A4の妹分として活動をスタートしました。

 

グループ名には大衆の心の中に“MY GIRL”として残りたい」という意味が込められています。

ガールクラッシュコンセプトの女性アイドルが多く存在し大ヒットを飛ばす「アイドル戦国時代」と呼ばれる現代で、ボーカル、ダンスともに全員が高いスキルを持ち、清楚かつ透明感のあるコンセプトで輝き、さらには圧倒的なビジュアルで、その名のとおりたくさんの人々の”MY GIRL”となって輝く7人組ガールズグループです。

 

2022年に入ってからは、3月28日に2ndフルアルバム「Real Love」を発売しました。

リード曲である「Real Love」はOH MY GIRLらしく、清楚で優雅な楽曲で話題となっています。

日本でも30日にベストアルバム「OH MY GIRL BEST」を発売しました。

OH MY GIRL

 

彼女たちが2020年に発表し、今なお強い人気を誇る楽曲「Dolphin」

さわやかなメロディーに、軽快な歌声、キャッチーなダンスがとても魅力的ですが、ではその作曲をしたのは誰なのでしょうか?

キャッチーなダンスにも注目して楽曲「Dolphin」について知っていきましょう♡

 

Dolphin

OH MY GIRL(オーマイガール)dolphinの作曲は誰?ダンスは難しい?

「Dolphin」の作曲者は誰??

「Dolphin」は、OH MY GIRLが2020年にアルバム「NONSTOP」の収録曲として発表しました。

 

 

日本でも、2021年にリリースされたシングル「Dun Dun Dance Japanese ver.」の収録曲として日本語バージョンが発表されました。

 

OH MY GIRL

 

 

そんなこの曲ですが、作曲したのは、Ryan S.Jhun(ライアン・S・ジュン、라이언 전)という作曲家です。

Ryan S.Jhun

ライアンは、韓国で活動するソングライター兼プロデューサーです。

様々なK-POPの作品で知られており、Shinee、 Super Junior、f(x)、EXOさらにはIU、TWICEなどたくさんのKーPOPアーティストの楽曲を制作してはヒットを飛ばしている、いわば「K-POPのヒットメーカー」です。

 

代表作としては、NCT 127の「Kick It」、Iveの「Eleven」など、、、最近では韓国最大級の事務所SMの最強ガールズグループGOT the Beatの「Step Back for Girls On Top」をも作曲しています。

さらには、2019年に日本で放送されたオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」のテーマ曲、「ツカメ 〜It's Coming〜の作曲もしています。想像以上にスゴすぎる、、、、、、

 

 

 

OH MY GIRLには、「Dolphin」のほかにも「Dun Dun Dance」なども提供しています。

 

本当に掛け値なしのヒットメーカーが制作した楽曲であるからこそ、さらにその楽曲の魅力を最大限にパフォーマンスできるスキルを持つOH MY GIRLだからこそ、生まれた大ヒット曲「Dolphin」という訳なんですね。

 

OH MY GIRL

 

「Dolphin」ダンスは難しい?振り付けの難所解説!

 

「Dolphin」のダンスと言えばなんと言ってもサビの水しぶきダンス!!

 

腰のあたりで手を水しぶきのようにくるくるとするダンスはとってもかわいらしい!!TikTokなどでも本人たちを含め、たくさんの人たちが踊っていることからも、この曲の人気がわかりますね♡

 


OH MY GIRL

 

2020年7月24日のミュージックバンクで当時MCを勤めていたメンバーのアリンとボーイズグループ「TOMORROW X TOGETHER(TXT)」のスビンが披露したバージョンでもわかるように、男性でも女性でもとっても素敵に見えるダンスです!!!

 

この披露では、青色のセットと青色の衣装、さらにはスビンの青髪があいまって、見ているだけでとっても涼しく感じますね笑。やみつきになって何度も見てしまいます♡

全体的に難易度の高い振り付けはあまりありませんが、この曲のダンスの難しい所はなんと言っても「力加減」!!

 

K-POPのダンスは振り付け自体の難易度が高いものが多く、踊るときには全身の筋肉をたくさん使って、力強く見せるものが一般的です。

男性アイドルではもちろん、最近はガールクラッシュコンセプトの女性アイドルも多くいるため、K-POP全体でダンスがとってもバッチバチな楽曲が多いように感じますよね。

「踊りたいけど踊れない!!!難しい!!」というのがK-POPファンの悩みのひとつでもあります笑

 

そんな中でこの楽曲は、さほど難易度の高い振り付けはないので、フリコピや踊ってみたがしやすいです。

だからこそガールクラッシュコンセプトの楽曲や男性アイドルの楽曲のようにゴリゴリに踊ってしまっては、この曲の繊細さや透明感が薄れてしまいます。

かといってゆるゆるとしすぎてしまっては、それはもうダンスではなくなってしまいます。

OH MY GIRL

 

余裕を見せつつ、しっかりきれいにこの曲を踊ることが何より難しいですが、止まるところと動くところをきちんと理解し、よけいな力を入れないことが「Dolphin」をきれいに踊るポイントなのではないでしょうか

 

まとめ

K-POPのヒットメーカーが作曲し、大ヒット作となったOH MY GIRLの「Dolphin」。

余裕のある繊細なダンスとパワフルかつ透明感のある歌声のこの楽曲を聴くことでも見ることでもさらには踊ることでも楽しんで、まだ少し遠い夏を感じたいですね。

OH MY GIRL

OH MY GIRLのこれからの活躍からも、目が離せません!!!

 

OH MY GIRL

 

おすすめの記事