NCT(127・U・DREAM)ファンクラブの種類・人数・仕組み・メリットについて

2016年にSMエンターテインメントからデビューしたNCT

SMエンターテインメントとは東方神起や少女時代、EXOなどが所属する、韓国の大手事務所なのです。

今回はそんなNCTのファンクラブについてや、NCTとはどんなグループなのかも合わせてご紹介したいと思います。

NCT(127・U・DREAM)ファンクラブの種類・人数・仕組み・メリットについて

NCT(127・U・DREAM)ってどんなグループ?

まず、NCTとは「ネオ・カルチャー・テクノロジー」の略で開放と拡張をグループテーマとしています。

活動グループやメンバー数の制限がないこともNCTの大きな特徴です。

現在23人のメンバーがいるNCT。

そんなNCTのユニットである、NCT127、NCTU、NCTDREAMについてそれぞれご紹介していきます。

NCT(127・U・DREAM)ファンクラブの種類・人数・仕組み・メリットについて

NCT127について

NCT127の127は、ソウルの経度である東経127度線に由来しており、「ソウルから全世界へ」という意味が込められています。

また、127の部分を韓国語では「イリチル」と発音するので、NCTイリチルと呼ばれることが多いです。

メンバーは固定されていて、テヨン、テイル、ユウタ、ジェヒョン、マーク、へチャン、ウィンウィン、ジャニ、ドヨン、ジョンウの10人で構成されています。

特にメンバーのユウタは、SMエンターテインメントからデビューした初の日本人ということでも有名です!

NCT(127・U・DREAM)ファンクラブの種類・人数・仕組み・メリットについて

NCTUについて

NCTUのUは、連合や団結を意味する「United」の頭文字から由来しています。

メンバーは固定されておらず、楽曲のコンセプトに合わせて毎回入れ替わるシステムなっています。

NCTに所属する23人から楽曲に合わせて選ばれるので、毎回新曲を出すたびにどんなメンバーの組み合わせになるのか、ファンの楽しみの1つです!

NCT(127・U・DREAM)ファンクラブの種類・人数・仕組み・メリットについて

NCTDREAMについて

現在は撤廃されましたが、デビュー当時は全員10代というのがDREAMに所属する条件だったので、NCTのユニットの中でも平均年齢の一番若いグループになります。

メンバーは固定されていて、マーク、へチャン、ロンジュン、ジェノ、ジェミン、チョンロ、チソンの7人で構成されています。

平均年齢は若いですが、デビューして6年目を迎えますし、全員のレベルもどんどん上がっていて成長がとまらいグループです!

NCT(127・U・DREAM)ファンクラブの種類・人数・仕組み・メリットについて

NCT(127・U・DREAM)ファンクラブの種類・人数・仕組み・メリットとは?

NCTのファンクラブ名は『NCTzen』で、通称シズニと呼ばれています。

前の項目ではNCTのグループ紹介をしましたが、ここではファンクラブの詳細についてご紹介していきたいと思います。

ファンクラブの種類について

日本で入れるNCTのファンクラブは残念ながら1つしかありません。

NCT127だけが日本デビューをしているので、ファンクラブもNCT127のみ入ることができます。

「日本で」といっているので、韓国版には入れるのでは?と思った方もいらっしゃると思います。

たしかに、韓国にもNCTのファンクラブはあるのですが、無料版(BASIC)・有料版(ACE)の2つとも、現在は新規入会を停止しているようなんです。

NCT(127・U・DREAM)ファンクラブの種類・人数・仕組み・メリットについて

いずれにせよ、韓国のファンクラブには現在入ることができない状態なので、日本でNCTのファンクラブに入れるのは、NCT127のファンクラブ「NCTzen127-JAPAN」だけということになります。

以前、NCTDREAMのファンクラブも存在したのですが、期間限定だったので現在は入ることができません。

しかし、今後NCTのファンクラブが増えたり、募集が再開されて韓国のファンクラブに入れるようになったりする可能性は大いにあるので、こまめにチェックした方がよさそうです!

ファンクラブの人数について

ファンクラブの人数を公式発表されたことはありませんが、だいたい5万人といわれています。

この数字は、ファンクラブの会員番号から予想されているのではっきりとはしていません。

kpopアイドルのファンクラブにしてはちょっと少ないなと思うかもしれませんが、2022年は日本でNCT127のドームツアーも決まりましたし、これからメディアでもっと取り上げられるようになれば、会員数もどんどん増えていくはずです!

今後の彼らの活躍にも期待しましょう♪

NCT(127・U・DREAM)ファンクラブの種類・人数・仕組み・メリットについて

ファンクラブの仕組みについて

NCTはユニットも多いので、1つどこかのファンクラブに入ればいいのでは?と思う方もいるでしょう。

しかし、ユニットごとにファンクラブも分かれているので、NCT127のファンクラブに入ったからといって、NCTDREAMのファンクラブに入った訳にはならないのです。

NCTはユニットが多い分、ファンクラブの仕組みが複雑なので注意しないといけないですね。

また、ファンクラブとは別に、メルマガ会員というメールなどで情報をもらえる無料のサービスもあります。

2018年に行われた日本ツアーではメルマガ先行のチケット受付もあったみたいなので、気になった方はぜひチェックしてみてください!

NCT(127・U・DREAM)ファンクラブの種類・人数・仕組み・メリットについて

ファンクラブのメリットについて

特に大きなメリットはライブのチケットをどこよりも早く応募できることと、会員だけの限定イベントに参加できることだと思います。

他にもファンクラブ入会特典として、デジタル会員証、年2回の会報誌、会員限定のグッズ販売などがあります。

また、ファンクラブを継続するときに毎回変わる継続特典がもらえることも大きなメリットです。

NCT(127・U・DREAM)ファンクラブの種類・人数・仕組み・メリットについて

まとめ

今回はNCTのファンクラブについて主にご紹介してきました。

わかりやすいと思っていただけたら嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

NCT(127・U・DREAM)ファンクラブの種類・人数・仕組み・メリットについて

おすすめの記事