BTSのin the soopとは?内容やロケ地・視聴方法までご紹介します!
    

BTSは世界中で大人気で多忙な日々を送っています。

BTSのin the soopとは?内容やロケ地・視聴方法までご紹介します!

そんなBTSメンバーが少しの間仕事やステージから離れ、1人の青年としての時間を過ごすことができたのがBTS in the soopです。

BTSのリラックスした姿が見られるBTS in the soopをご紹介していきます。

BTS in the soopとは?見どころやロケ地をご紹介

BTSのリアリティ番組、BTS in the soopは「日常と休憩その間」をコンセプトとし、BTSが趣味やスポーツ、料理など自由な時間を過ごしています。

BTS in the soopはシーズン1とシーズン2があります。

各シリーズのロケ地情報やメンバー達の過ごし方など内容を見ていきます。

BTS in the soopシーズン1のロケ地情報と見どころ

BTS in the soopのシーズン1は2020年8月19日に韓国JTBCというテレビ局で初回放送されました。BTSのin the soopとは?内容やロケ地・視聴方法までご紹介します!

撮影期間は5月末から6月初旬で1週間の滞在で、全8話の放送でした。

BTSメンバーが過ごしたロケ地は韓国の春川(チュンチョン)のLAKE192というペンションです。BTSのin the soopとは?内容やロケ地・視聴方法までご紹介します!

周囲は山に囲まれ、自然あふれる場所で癒されたBTS。

ここでLAKE192はどのような場所なのか紹介します。

春川は韓国ドラマ冬のソナタのロケ地としても有名でソウルからも比較的行きやすい場所になっています。

このLAKE192はチュンチョン湖を目の前にしたペンションで「韓国建築賞」を受賞し、四季折々な自然の美しい景観を楽しめる素敵な場所です。

BTS in the soopシーズン1ではBTSメンバーがタイムテーブルを各自で考えそれを参考に1日を過ごしたり、その時の気分で自由な時間を過ごしました。

童心にかえったようにプラモデルを作ったり飛行機作りやレゴを楽しむ可愛らしい姿やメンバーと卓球やバドミントンをする姿など、本当にリラックスしたBTSの一面を見ることができます。

ジミンとJHOPE はスニーカーに各自自由に絵を描いて楽しんでいました。

そしてBTSの寝起き姿やゲームする姿、お酒を飲んだり食事する姿はファンにはたまりません。

またジミンが即興で作った「起こさないでソング」も話題になりました。

そして、即興といえば、BTS in the soopの公式テーマソングもこのシーズン1でメンバーが作詞作曲して作ってしまったのです。

メンバーがみんなで料理を作ったり、みんなで遊んだりBTSメンバーが普段から仲が良いのがわかるそんな内容です。

シーズン1をみたファンの感想は、最初から最後まで大好評で普段のBTSの姿に大満足だったようです。

BTS in the soopシーズン2のロケ地情報と見どころ

BTS in the soopのシーズン2は2021年10月15日にシーズン1と同じく韓国JTBCというテレビ局で初回放送されました。BTSのin the soopとは?内容やロケ地・視聴方法までご紹介します!撮影期間はメンバーがBTS in the soop内でオリンピックを見ていたことから7月末から8月初旬ではと言われています。

そして今回のシーズン2は前回のシーズン1より撮影期間が4日と短くなり、全5話でした。

BTSメンバーが過ごしたロケ地は江原道平昌郡蓬坪の「メイヒルペンション」です。

かなりの山奥でBTSメンバーは夜中にバスに乗って、途中バスが入れないため乗用車に乗り換えてロケ先へと向かいました。

そしてBTSメンバーを迎えたのは、まるでお城のような大豪邸でした。

今回は大掛かりな改修工事を行い1年がかりでBTSのために設備を整えたとのことでした。

そしてシーズン2で1番話題になったのは、ジョングクの愛犬バムの登場でした。BTSのin the soopとは?内容やロケ地・視聴方法までご紹介します!

ジョングクが犬を飼っていることにまず驚きでしたが、犬種がドーベルマンで更に驚きでした。

そんなバムとジョングクの可愛い親子ショットや他のメンバーと遊ぶバムの姿に癒されたファンが多くいました。

そして大自然の中で、プールやテニスやバスケをする姿やメンバーで雨の中、足球をする姿からメンバーが本当に楽しんでいることが伝わってきました。

今回は本当に束の間の休暇を楽しんでいるようで、個人で本を読む時間や絵を描く時間、眠る時間、体を鍛える時間など個人の時間も充実していたように感じました。

それでも7人が集まって一緒に食事をしたり、お酒を飲んだりすると本当にメンバー同士気を遣わず、リラックスできる存在なんだとわかります。

BTS in the soopシーズン2も初回から最後までBTSの色々な姿を見ることができる大満足な内容となっています。

BTS in the soopの視聴方法とBTSの手料理もご紹介

韓国のテレビ局で放送されたBTS in the soopですが、BTSファンが視聴できる方法をご紹介します。

またBTS in the soop内でBTSメンバーが愛用していたグッズやメンバーがハマって作った料理などを紹介します。

BTS in the soopの視聴方法

BTS in the soopシーズン1・2共にWeverseというアプリのWeverse Shopにて購入ができます。

料金はシーズン1が3,450円、シーズン2が3,420円でPayPal・クレジット決済・コンビニ決済・キャリア決済の決済方法があります。

視聴方法はWeverseアプリ内でBTSを選択しメディアからin the soopのコンテンツを選択すると購入者は視聴が可能です。

そしてWeverseで購入した場合はビハインドの映像も見ることができます。

またWeverse以外の視聴方法がdTVとTBSチャンネルになります。

dTVは会員登録をし、月額550円(税込)で視聴することが可能です。

BTS on dTVでBTS in the soop以外にもライブなど様々なBTSの映像が見ることができます。

またスカパーに加入すること見られるTBSチャンネル1は月額1,529円(税込)でテレビで視聴が可能になります。

しかし放送日が決まっているので見逃さないように注意が必要です。

BTSメンバー着用グッズや手料理も話題に!

BTS in the soopシーズン1ではBTSがアンバサダーを務めているFILAの帽子やスウェットを着用しました。

また、シーズン2ではBTS in the soopのBTSバージョンのメインキャラクターのSOOPYがデザインされたジャケットやTシャツ・スウェットなどを着用していました。

とても可愛らしいデザインでポップアップショップが開催されるほど、ファンからも大人気でした。

そして、BTS in the soopの中で話題となったのはメンバーが作る料理でした。

ここでメンバーが作った料理で話題となったものを紹介します。

ジョングクの作ったスユクは表面を焼いたサムギョプサルとネギや玉ねぎと一緒にりんごと煮込み、白ワインやごまを入れ、40分煮込みます。

このジョングクが作ったスユクはメンバー大絶賛で柔らかくて美味しいと評判でした。

JHOPEの作ったクロッフル。

JHOPEはクロワッサン生地をワッフルメーカーで焼き、チーズやナッツを乗せておしゃれな一品を作っていました。

それをメンバーに食べさせている姿が微笑ましかったです。

BTS の料理人シュガはヒレカツサンドを作ったりサムギョプサルやタッカルビを作ったり、どれも本当に美味しそうでした。

BTS in the soopはBTSの色々な姿が見ることができてファンも楽しく大満足でした。

まとめ

BTS in the soopはシーズン1・2共にBTSメンバーのリラックスした姿を見ることができます。

忙しい彼らが少しの間仕事を離れ、メンバーで素敵な思い出を作ることができたのではないでしょうか。

またBTS in the soopシーズン3があることを楽しみにしています。

       



おすすめの記事