BTSが泣いたBorn Singerとは?原曲や歌詞の意味までご紹介!

BTSが、10月15日に韓国・釜山 日光特設ステージで「WORLD EXPO 2030 BUSAN KOREA CONCERT BTS『Yet To Come』in BUSAN」を開催することが発表されました。

BTSが泣いたBorn Singerとは?原曲や歌詞の意味までご紹介!

オフライン公演は10月15日18時から10万人規模で開催され、無料生配信も予定されているそうです♪

本日は、Yet To Comeと同じ最新アルバムPROOFに収録されており、BTSの歴史を語るうえで外すことができない彼らの原点を語るBorn Singerについてご紹介します。

BTSが泣いたBorn Singerとは?原曲や歌詞の意味までご紹介!

 

BTSが泣いたBorn Singerとは?

Born Singerはデビュー1カ月を記念し制作!

Born Singerは、2013年6月にデビューしたBTSがデビュー1カ月を記念し、制作された曲です。

作詞はRM、シュガ、J-HOPEが務めています。

今まで音源化されておらず、BTSのライブでも過去数回しか披露されていない曲です。

Born Singerは、今回2022年6月に発売された最新アルバムPROOFに収録され、初めてCD化されました。

BTSが泣いたBorn Singerとは?原曲や歌詞の意味までご紹介!

アンソロジーアルバムとして発売されたPROOFは、BTSの歴史を語るうえで欠かせない曲が多数選出されています。

デビュー曲や、今まで発売された人気のタイトル曲、新曲が収録されている1枚目の中でも、Born Singerは1番最初に収録されています。

9年の時を掛けてPROOFで正式にCD化するほど、なぜこの歌がこれほど人気なのでしょうか。

この曲が涙腺崩壊するという理由についてもご紹介します。

Born Singerの人気の理由と涙腺崩壊曲と言われる所以は?

Born Singerは、BTSがデビュー後の1ヶ月の活動を振り返りながら感じたことを表現して歌っている楽曲として、発表当初から今まで長い間、多くのファンに愛され続けている楽曲です。

BTSが泣いたBorn Singerとは?原曲や歌詞の意味までご紹介!

過去に2回ライブで披露されており、どちらともラストを飾る曲としてBorn Singerが歌われています。

1番初めに歌われたライブは、2015年3月の「2015 BTS LIVE TRILOGY: EPISODE I. BTS BEGINS」です。

アンコールの最後に、Born Singerを会場中央の回転式ステージで披露しました。

メンバーは、ステージ上でお互い向き合って輪を作り、今までを思い出して噛みしめるように歌っています。

2度目に披露されたのは、2017年に行われたライブ「BTS LIVE TRILOGY EPISODE III THE WINGS TOUR THE FINAL」です。

このライブでもBorn Singerをアンコールに歌っています。

1度目と同じ回転式ステージでお互い輪を作って歌いました。

ライブ上でこの歌を歌っている最中、ジョングクが感極まって涙するシーンがあります。

BTSが泣いたBorn Singerとは?原曲や歌詞の意味までご紹介!

2017年はBTSにとっても飛躍の年でした。

ビルボードなどアメリカの音楽授賞式で初めて賞を受賞し、同年発売したアルバム「LOVE YOURSELF承 'Her' 」が初動歴代売り上げ1位を獲得し、初めてミリオンセラーを飾りました。

2017年に行われたこのライブでは他のメンバーも多く涙しており、それを見たファンも涙し、感慨深い曲として有名になりました。

BTSが泣いたBorn Singerとは?原曲や歌詞の意味までご紹介!

Born Singerのライブシーンをもう一度見るには

YoutubeなどでもBorn Singerでジョングクが涙するシーンはたくさん投稿されています。

ライブをDVDでもう一度見たいという方へ、収録DVDを調査しました。

Born Singerが歌われたライブを観るには、2015 BTS LIVE TRILOGY EPISODEⅠ.BTS BEGINS(メモリーズ2015)、BTS LIVETRILOGY EPISODEⅢ THE WINGS TOURTHE FINAL(メモリーズ2017)で視聴できるとのことです!

是非、あの感動をもう一度見たい方は必見です♪

BTSが泣いたBorn Singerとは?原曲や歌詞の意味までご紹介!

BTSが泣いたBorn Singerの原曲や歌詞の意味までご紹介!

Born Singerの原曲は「Born Sinner」

Born Singerは、アメリカのラッパーJ. Coleの「 Born Sinner (feat. James Fauntleroy)」が原曲になっています。

BTSが泣いたBorn Singerとは?原曲や歌詞の意味までご紹介!

Born SingerとBorn Sinnerの両方の曲を聴き比べてみると、導入部分は少し違っていますが、メロディーやサビ部分は原曲と同じようです。

冒頭はBorn Sinnerはメロディーの後ラップから入るのに対し、BTSのBorn Singerはジョングクの声から始まります。

あのジョングクの入りを聞いただけで、ぐっと曲に引き込まれるような気がします。

一見パッと見た感じ単語のスペルが似ていますが、曲のタイトルも異なっています。

原曲はSingerではなく、Sinnerになっています。

原曲のJ. Coleの曲のタイトルの和訳は、「Born Sinner」=生まれながらにして罪人に対し、BTSの曲のタイトルの和訳は、「Born Singer」=生まれながらにして歌手を表します。

Born Singerの和訳をご紹介

BTSが泣いたBorn Singerとは?原曲や歌詞の意味までご紹介!

I'm a born singer, 좀 늦어버린 고백, I swear
俺は生まれながらの歌手だ、少し遅い告白だけどね

언제나 멀기만 했었던 신기루가 눈 앞에 있어 (여기 있어)
いつも遠かった奇跡が目の前にあるんだ

I'm a born singer, 어쩌면 이른 고백 (이른 고백)
俺は生まれながらの歌手、告白は早いかもしれない

그래도 너무 행복해, I'm good, whoa, whoa, yeah-yeah
でも幸せなんだ

난생 처음 방탄이란 이름으로 선 무대
生まれて初めてBTS名義で出演したときのこと

삼년 전 첫무대의 마음을 다시 검문해
3年前の初ステージで感じたことを振り返ってみる

여전히 대구 촌놈 랩퍼와 다를게 없었지 but
まだ大邱の国のラッパーと変わらないが

아마추어란 단어 위에 프로란 단어를 덧 썼지
アマチュアという言葉よりプロという言葉を付けた

그토록 원하던 무대 랩을 하며 춤 출때
自分が望んでいたステージでラップをし、踊っているとき

아직 살아 있음을 느껴 피곤하고 고된 출퇴근
まだ生きていることを実感し、疲れているけど

따위는 견딜만해 내사람들이 지켜보니까
仲間が見ていてくれるから耐えられる

몸이 아파도 버틸만해 함성들이 밀려 오니까
体調が悪くても、歓声があふれているから耐えられる

데뷔 전후의 차의점 아이돌과 랩퍼 사이 경계에
デビュー前とデビュー後の違い。アイドルとラッパーの境界線

살아도 여전히 내 공책엔 라임이 차있어
手帳はまだ韻文でいっぱい

대기실과 무대 사이에선 펜을 들고 가사를 써
控え室とステージの間でペンを持ち、歌詞を書く

이런 내가 니들 눈에는 뭐가 달라졌어?
その瞳に映る違いは何?

Damn, shit, 난 여전해
くそっ、俺は相変わらずだ

내가 변했다고? (What?) 가서 전해
俺は変わったのか?(何?)言いに行けよ

변함없이 본질을 지켜, I'm still rapperman
俺はまだラッパーだって

3년전과 다름없이 랩하고 노래해, I'm out
3年前と同じようにラップして歌え、俺は降りる

I'm a born singer, 좀 늦어버린 고백, I swear
俺は生まれながらの歌手、告白は少し遅いな

언제나 멀기만 했었던 신기루가 눈 앞에 있어 (여기 있어)
いつも遠かった奇跡が目の前にある( ここにある)

I'm a born singer, 어쩌면 이른 고백 (이른 고백)
俺は生まれながらの歌手、告白は早いかもしれない

그래도 너무 행복해, I'm good, whoa, whoa, yeah-yeah
でも幸せなんだ

솔직해 두려웠었어 큰 소린 쳐놨는데 날 증명한다는게
僕は正直なんだ。怖かったんだ。いろいろ言ったけど、君が証明してくれたよ

펜과 책만 알던 애가 이제 세상을 놀래킨다는게, I dunno
どうだろう、鉛筆と本しか知らない子が世界を騒がせるなんて

세상의 기대치와 너무 비대칭 할까봐 두려웠어
世界の期待と非対称になるのが怖かったんだ

나를 믿어줬던 모든 사람들을 배신하게 될까봐
信じてくれたみんなを 裏切るんじゃないかって...

무건운 어께를 펴고 첫 무대에 올라
初めて舞台に立つ時は 肩がこわばっているはずだ

차나의 짧은 정적 숨을 골라
短い沈黙の時間を 吸うように歌う

내가 지켜봤던 사람들이 이젠 날 지켜보고 있네
俺が見ていた人たちが 今 俺を見ている

항상 올려봤던 TV속 그들이 지금은 내 밑에
いつもテレビで見ていた人たちが今 俺の前にいる

Uh, 주마등처럼 스칠 틈도 없이 한번뿐인 연극은 시작 돼버렸지
あー、懐中電灯のように、一回限りの遊びが始まった

3번만에 증발한 내 3년의 피땀 피터지는 마이크와의 기싸움
3年間の血と汗の結晶、そしてマイクとの闘い

몇십초일 뿐이었지만 똑똑히 쏟아내, I'm fucking real
ほんの数秒の出来事だ だがそれを吐き出せ 俺はリアルに汲み上げる

야임마 니 꿈은 뭐야 나는 랩스타가 되는 거야, can't you feel?
おい、君の夢はなんだ?俺はラップスターになるんだ!感じないか?

그리고 내려온 순간 그 함성, yeah, I could read your mind (Uh, yeah)
降りてきた瞬間の歓声 君の心を読んだよ

I could read your mind 물음표 내신 미소만 (Uh, yeah)
君の心が読める 疑問符の微笑みだけ

말없이 멤버들은 그저 내 어깨를 두드렸줬어
何も言わずにメンバーから肩を叩かれた

꼭 엊그제같은데 스무 밤이 흘러가 버렸어
昨日のことのように感じるけど 20の夜は過ぎ去った

And let the haters hate on me 걔네가 늘상 해온 일
嫌われ者にも嫌われるように

니네가 키보드 놀릴동안 난 내 꿈들을 채웠지
君達がキーボードを弾いている間 僕は夢を満たしていた

썬글라스 hairstyle 뭘 욕하는지 알아
サングラスのヘアースタイル 君の心の叫びはわかっている

어쨌든 스무살에 너보다 잘나가는 나야
とにかく俺は20歳の君よりはマシだ

I'm a born singer, 좀 늦어버린 고백, I swear
俺は生まれながらの歌手だ、告白が少し遅かったな、

언제나 멀기만 했었던 신기루가 눈 앞에 있어 (여기 있어)
いつも遠かった奇跡が目の前にある(ここにある

I'm a born singer, 어쩌면 이른 고백 (이른 고백)
俺は生まれながらの歌手だ、告白は早いかもしれないが

그래도 너무 행복해, I'm good, whoa, whoa, yeah-yeah
でも幸せなんだ

우리가 뛰었던 날 우리 같이 겪었던 날
走った日、一緒に乗り越えた日

3년이란 시간 모두 하나가 됐던 마음
3年越しに一つになった心

그렇게 흘린 피땀이 날 적시네
流した血と汗が私を濡らす

무대가 끝난 뒤 눈물이 번지네
公演を終えて溢れる涙

매순간 마다 자신에게 다짐해 초심을 잃지 않게
やる気を失わないように、一瞬一瞬を約束する。

한상 나답게 처음의 나에게 부끄럽지 않게
初めての人に恥ずかしくないように。

So we go, we go, we go (We go)
だから行こう、行こう

더 위로 위로 위로 (위로)
上がれ、上がれ、上がれ

I'm a born singer, 좀 늦어버린 고백, I swear
俺は生まれながらの歌手、少し遅い告白、

언제나 멀기만 했었던 신기루가 눈 앞에 있어 (여기 있어)
いつも遠かった奇跡が目の前にある

I'm a born singer, 어쩌면 이른 고백 (이른 고백)
俺は生まれながらの歌手、告白は早いかもしれないが

그래도 너무 행복해, I'm good, whoa, whoa, yeah-yeah-yeah
でも幸せなんだ

BTSが泣いたBorn Singerとは?原曲や歌詞の意味までご紹介!

Born Singerの歌詞に込められた意味とは

Born Singerの歌詞には、BTSらしい現状にもがいている様や前を向いていく様子が書かれています。

歌詞の中には、3年というキーワードが時折出てきます。

Born Singerの歌詞を書いたラップラインのRM、SUGA、J-HOPEはデビューまでの約3年間、練習生の期間を過ごしました。

この楽曲の作詞を担当したRM、シュガ、J-HOPEは、夢を叶えるために練習生として3年間必死で練習し、デビューまで至った思いがこの歌に込められています。

ステージで歌っている姿は、時折観客を見渡し、歌を聴きながら思い出に浸っているように感じます。

まとめ

本日は、公開から9年越しにCDへ収録され、ファンの中で話題のBorn Singerについて原曲や歌詞の意味、涙腺崩壊する歌と言われる所以をご紹介しました。

BTSが泣いたBorn Singerとは?原曲や歌詞の意味までご紹介!

ライブの最後という大事な時に歌っている思い入れのある曲だからこそ、BTSを語るうえで欠かせない一曲になっています。

彼らの歌に込められた思いがファンに伝わり、ファンの間でも涙なしでは見れない人気の曲となっています。

10周年に向け、これからも彼らの活動を期待しています♪

BTSが泣いたBorn Singerとは?原曲や歌詞の意味までご紹介!

おすすめの記事